バレンタインデー

2010年2月15日 (月)

一日遅れのバレンタインチョコ…。

一日遅れのバレンタインチョコ…。

 午後1号便の速達配達から戻って、引き続き2号便の速達配達へ行かないといけないので、先に食事休憩をとる事にした…。

 持参した弁当を食堂の電子レンジで温めてから昼食を摂ろうとすると、知り合いのゆうメイトさんが声をかけてきた…。

 「何の用かな…?」と思っていると、「いつもありがとうございます!」と言って、白い袋を1つ渡してきた…。

 本当は先週にでも渡そうと思っていたのだが、なかなか顔を合わせる機会が無かったので、結局、今日になってしまったという事だった…。

 実際にチョコレートを手渡しされると、正直、照れ臭いものである…、やれやれ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

夕方に届いた荷物…。

 東大阪から自宅へ戻ってからしばらくくつろいでいると、インターフォンが鳴った…。どうやら小包の配達のようだった…。印鑑を持って玄関に赴くと、我輩宛の荷物が2つ届いていた…。

Image963

 上の写真は荷物を開けて出した中身なのだが、左側は職場の知人の住所と名前を借りて自分宛に送った物、右側は前任局の班長が「どうせ、もらえないだろう…。」という優越感から愛猫の名前で送ってきた物だった…。

 共に「バレンタインゆうパック」なのだが、チョコレートにしては少しホロ苦いような気がした…、やれやれ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

予想外のチョコレート…。

予想外のチョコレート…。

 昨日の夕方、まるで予想もしなかったゆうメイトさんからチョコレートをもらった…。

 ちょうど夕方の速達便の準備をしていたのだが、そのゆうメイトさんから「…ちょっと時間ありますか…?」と声をかけられた。

予想外のチョコレート…。

 明らかに「義理」なのは理解しているが、この場合は素直にうれしいとしておこう…、やれやれ…(微笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

本日の収穫…?

本日の収穫…?

 ただ今、のんびりと昼ご飯の休憩中…、出勤途中のコンビニで買ったお弁当を食べ終えて、ゆっくりとしている…。

 それにしても今日、12時半に出勤すると、内務事務のゆうメイトさんから義理チョコと、何故かナビスコのリッツビッツサンドをもらった…。もしかして、このリッツビッツサンドも義理なのだろうか…?

 とりあえず、ちょうどコーヒーブレイクのおやつという事で…、よかよか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「インプリンティング(刷り込み)」によるバレンタインデー…?

 今日も前超勤の電話も無く、朝からのんびりとコーヒーを飲みながら、仕事へ出かける準備をしていた…。そういえば、今日はバレンタインデー…、いつになったら国会で「バレンタインデー規制法」が施行されるのかを期待している、ここ最近の我輩である…。

 昔は「バレンタインデー撲滅!」や「バレンタインデー粉砕!」、更に「チョコレートをぎょうさんもらったからといって、この国の大統領にはなれない!」という民主主義を揺るがしかねない(笑)ような事を言っていた…。

 そういえば、このバレンタインデーの時期で、チョコレート会社の年間売り上げの2割が賄えるという話を聞いた事がある。「バレンタインデー=チョコレート」という企業による「インプリンティング(刷り込み)」に対して、もうそろそろ疑問を持っても良いような気がする…、やれやれ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

出勤前に、ちょっと寄り道…。

 今日は夜勤の2日目なのだが前超勤の連絡が無かったので、朝食後のコーヒーを飲みながら、TVのワイドショーを見ていた…。

 ちょうど明日がバレンタインデーという実に忌まわしい日という事で、「バレンタインでもらって困る物」という男性へのアンケートで、3位が「人形やぬいぐるみ」、2位が「マフラー等の手作りの物」、1位が「高価な物」という結果だった…。

 確かに、ぬいぐるみとかをもらっても盗聴器とか仕込まれていたらシャレにならないし、手編みのマフラーとかでは気持ちの分だけかなり重くなりそうだし、高価な物だったら貢いでもらっているみたいで、もしも我輩がもらう立場でも嫌だと思う…。

 ちなみに、「本命チョコと義理チョコの見極め方」に関しては、3位が「高価なチョコ」、2位が「渡す時の視線」、1位が「手作り」という事だった…。

 また、女性へのアンケートでは「ホワイトデーのお返し」という事で、3位が「お菓子」、2位が「時計」、1位は「あてにしていない」…、あと番外編という事で「ボーナス」、「婚姻届」、「食べ放題」という非常(非情?)に現実的な結果になっていた…(笑)

 ちなみに、韓国ではバレンタインデーやホワイトデーで何ももらえなかった人は、4月14日の「ブラックデー」で黒い服を着て韓国風ジャージャー麺を食べ、5月14日には「イエローデー」で黄色い服を着てカレーを食べる習慣(?)があるそうだ…。

 さて、仕事へ出かける前に伯父の様子でも見に行く事にしよう。もうそろそろ退院出来るという所まで回復しているのだが、ここしばらく妙な気候なのでちゃんと体が適応出来るかどうかちょっと心配だ…、やれやれ…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月23日 (金)

天満橋→OAP→梅田→自宅→無縁仏の会…?

Image518

 天満橋の用事を終えてから、久しぶりにOMMビルの地下にある「多羅尾」で「エビとアナゴのサービス丼にイワシ天ぷらトッピング」を昼ご飯に食べた。店のおっちゃんから「兄ちゃん、先月来てないなぁ…。」と言われて、正直ビックリした。そんなに覚えられやすいキャラなのだろうか…?

Image519

 昼食後、近くにある「京阪シティーモール」の中をちょっとウロチョロしていると、4Fに「無印良品」のエリアがあった。どんな物があるのか見ていると、来月のバレンタインデーを照準に合わせた様な「手作りチョコ」のセットが売っていた。横のモニターでチョコレートの作り方を説明を見ていると、トリュフチョコが160分で作る事が出来るそうだ。まぁ、我輩には「バレンタインデー」なんて関係ないが…。

 それから梅田経由でOAPの方に用事を行ってから、再び梅田に戻ってからチケットを買ったりして、ようやく自宅に戻ってきた…。

 自宅で洗った食器などを片付けてからコーヒーブレイクをしているが、もうそろそろ「無縁仏の会」の新年会へ向かう事にしよう…、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

欲しがりません!勝つまでは…。

 今日は朝から「バレンタインデー」だった…。今年ももらえる事も無いと思うので、今日という一日が一分一秒も早く終わって欲しいものだ…。以前、バレンタインデーに関して書いた記事が何個かあるが、共通見解である「バレンタインデーの廃止もしくは撲滅」については、今でも変わりはしない。

 今日も朝からどこぞの法務大臣が「冤罪じゃない」という発言をしたというので問題になっているが、そんな発言をする以前に法務省の権限で「バレンタインデー禁止令」でも発令した方が良いような気がする…。

 昔、「バレンタインデー」は女性から好きな男性に愛を告白する日というのを聞いたような気がするが、電車の中で安っぽい異臭をさせながら、「壁塗り」をするような女性等から見れば、明らかに「そんなの、関係ねぇ~!」みたいな感じだろう。

 本当に好きならいつでも告白すると思うし、その女性からの告白に何でチョコレートが関係するの?あまり法律については詳しくないのだが、この国の何という法律に「男性に告白する際には、チョコレートを添付して手続きする事…」というような規制があるのだろうか…?

 いつまでも「バレンタインデー」という愚行に便乗しないと食っていけないチョコレート業界の寄生ぶりに、心の底からやれやれ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

バレンタインデー・イブ…。

 今日はせっかく夜勤でゆっくり出勤出来るかと思っていたのに、連休明けで仕事がたまっているという事で携帯に呼び出しがあった。職場に到着して仕事の準備をしていると、バレンタインチョコが入ったゆうパックが2個届いた。でも、差出人をよく見ると前の局の班長の飼い猫の名前で、あたかも人間の女性から送ってきたように見せかけていた。あとでお礼の電話を入れると、「絶対にもらえる事が無いから、仕方なく送ってやった…。」という事らしい、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年2月13日 (水)

バレンタインデー(4)

 バレンタインデーが近づくにつれ、気候が不安定になる今日この頃、いかがお過ごしかな?毎度お馴染みの「バレンタインデー完全撲滅論」であるが、今回は基本的人権について書いていきたいと思う…。 先日、テレビで確か「運命の段田男!(仮名)」という番組だったと思うが、日本におけるバレンタインデーのチョコレートの話があった。本来、バレンタインデーとは年に一回、女性から男性に愛を告白出来る日という位置付けだそうだが、現在においてはむしろ重大な「男女差別」に繋がるのではないかと思われる。

 かつて、日本においては「男尊女卑」思想があり、更に遡ること戦国時代、家を守る為だけに本人の意思に関係無く、小さい頃から政略結婚をさせられる、いわば「将棋の駒」の様な存在としか扱われなかった。21世紀の現在、「男女雇用機会均等法」の制定により、女性の社会進出も数多く見られる。しかし、本当の意味で「男女平等」だろうか?いや、もし「男女平等」というなら、なぜバレンタインデーにだけ女性は男性に愛を告白できないというルールを改めないのか?例え男性であろうが、女性であろうが、自分の好きな異性に告白するのはいつでも良いはずである。恐らくバレンタインデーとは、人権意識が乏しく、チョコレートの売り上げにしか興味の持てない「輩(やから)」が生み出した、ご都合主義的な「幻想」としか考えられない。

 結論としては、「愛」とはチョコレートだけなんかでは決してつかめない、崇高かつ純粋で、人が生まれながらに持っている「心」であり、その「愛」に基づいた人権こそが真の「男女平等」に繋がっていくと考えられる。今こそ、バレンタインチョコレートの甘さの陰に隠された人の心を蝕む「毒」を絶ち、人が人として生きていける為に「バレンタインデー完全粉砕!」の旗の下に集結しようではないか!立てよ、国民!!(やれやれ…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)