« 明日も…? | トップページ | 結局…。 »

2014年11月23日 (日)

「ヤマト運輸」からの電話…?(解決編)

 今日は朝から日曜日…、休日という事でのんびりと部屋の片付けを済ませて、コーヒーを飲みながらメールをチェックしていた…。

 すると、Apple社から3通、下記のようなタイトルのメールが届いていた事に気がついた…。

11/10 10:03 修理のお申し込み完了のお知らせ
11/11 16:03 お客様の製品を受領しました。
11/11 22:03 交換品の発送についてのお知らせ

 日時の順番に読んでいくと、iPhoneの修理についてのメールなのだが、正直、我輩はiPhoneを持っていない…。一応、iPodやiPadは所有しているのだが、基本的にスマホはあまり好きではない…。

 よく街中でスマホしながら歩いてくる輩を見かけるのだが、人とぶつかっても気にせず、むしろ自分からぶつかってきたにもかかわらず、相手を睨みつけたり…という風に、実に自己中心的でマナーが悪い…。

 そんな他人との衝突を回避しようとしない連中を見ていると、スマホの存在自体を認めたくない…と考えるようになった…。また、いつもスマホを見ないといけない位に情報を収集しないといけないのかと思うと、情報に振り回されているようで実に哀れで仕方がない…。

 少し話が逸れてしまったが…、これらのメールを受信した翌日…、

11/12 12:03 ヤマト運輸から連絡、7800円の代金引換の荷物が有るとの事
             (『「ヤマト運輸」からの電話…?』参照)

 後日、ヤマト運輸のコールセンターに電話をかけて、我輩の携帯電話にかかってきた携帯の番号を調べてもらったのだが、地元の担当者にはいないという事で「代引きを使った詐欺」と思っていた…。(『「ヤマト運輸」からの電話…?(その後)』)

 しかし、届いていた3通のメールを読んでから、一気にある「仮説」がわき上がってきた…。そして、Apple社のコールセンターに電話で事情を説明…、そして「ある事」を調べてもらったのだが、ようやく「真相」にたどり着いたようだ…。

 まず、Apple社のコールセンターにメールに書かれていた「修理ID」とヤマト運輸の「配達伝票番号」に伝えて、まずどこの誰が修理を依頼したのか調べてもらった…。すると、予想通り我輩と同姓同名の人間だった…。

 要はApple社で我輩の携帯番号とメールアドレスが同姓同名の別人のデータとして誤って登録されていたのが原因で、その人間がiPhoneを修理に出した事で修理の申し込みや交換品の発送等といったメールが我輩のPCに届いていた…。

 それだけに留まらず、代金引き換えで発送された交換品をヤマト運輸さんが届けようとした時、事前に電話連絡をしておかないといけないので、その連絡先が我輩の携帯番号になっていた…。

 電話がかかってきた時、ちょうど仕事中だった我輩は「ポストに不在通知を投函しておいて下さい…!」という指示をしたのだが、元々、同姓同名の別人の住所宛ての代金引換の荷物なので、自宅へ戻っても不在通知が入っていなかった訳だ…。

 地元のヤマト運輸のエリア担当者からの連絡だと思っていたのに、まるで異なるエリアの配達担当者からの連絡だったので、携帯番号を調べてもらっても地元のセンターには該当者がいなかった…。

 それにしても、今回の事で多くの友人や知人から「騙されるな!」や「気をつけろ!」等といった心配をしてもらった…、よかよか…。

|

« 明日も…? | トップページ | 結局…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185561/60699836

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤマト運輸」からの電話…?(解決編):

« 明日も…? | トップページ | 結局…。 »