« 非番だけど、忙しい…。 | トップページ | 雨の日曜日…。 »

2014年11月 8日 (土)

「柳家さん生・笑福亭鶴二 二人会」を見に行く…。

 2014年11月7日19時頃…、大阪・ミナミにある「道頓堀ZAZA POCKET’S」へ「柳家さん生・笑福亭鶴二 二人会」を見に行った…。

 普段、昼間には関西演芸協会や若手とかが500円ライブを催すような少し小じんまりした会場なのだが、19時を少し過ぎた頃に会場へ入ると出入り口付近まで観客で一杯だった…。

 まずは「開口一番」という事で「笑福亭呂好」さんがお馴染みの「寿限無」を演じていたのだが、名前の途中の「…シューリンガンのグーリンダイ、ポンポコピーのポンポコナーの…」という箇所が少し気になった…。

 我輩の記憶では「…シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーの…」とだったと思うのだが…?

 次は東京からゲストである「柳家さん生」師匠は酒好きで酔っ払いの親子のやり取りが面白い「親子酒」、そして「笑福亭鶴二」さんは「三十石」、仲入りを挟んで「稽古屋」を演じた…。

140907_135205

 「三十石」と「稽古屋」…、どちらの噺も謡いや踊りの素養が無いと演じにくいのだが、恐らく「笑福亭鶴二(写真左)」さんは普段から他芸の稽古を欠かさず行っているようで、「三十石」で船頭が歌う場面でもなかなかの歌声だった…。

141107_212951

 最後に、トリとして「柳家さん生」師匠が「柳田格之進」を演じたのだが、以前、TVで別の噺家さんが演じているのを見た事がある…。しかし、やはりライブで見る落語は臨場感にあふれていて、時間を忘れてどんどんと噺に引き込まれていった…。

 落語会が大盛況のうちに終わった後、帰り道で江戸川乱歩の「少年探偵団シリーズ」と偕成社の「少年少女落語全集」…、我輩が小学生だった頃の愛読書だった事を思い出していた…。

 その際、江戸落語の方から先に入ってしまったようで、何年か前まで上方落語の「延陽伯」や「八五郎出世」といった噺が、江戸落語の「たらちね」や「妾馬」と同じ噺というのを落語ファンの友人から教えられるまで全く知らなかった事を今でも思い出す…。

 今回の落語会は普段、なかなか上方では聞く事が出来ない噺に触れる事が出来たので、よかよか…。

|

« 非番だけど、忙しい…。 | トップページ | 雨の日曜日…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185561/60623815

この記事へのトラックバック一覧です: 「柳家さん生・笑福亭鶴二 二人会」を見に行く…。:

« 非番だけど、忙しい…。 | トップページ | 雨の日曜日…。 »