« 結局、どこも暑かった…。 | トップページ | 「父の日」の前日は曇りのち雨…。 »

2013年6月14日 (金)

情報収集の大切さと、難しさ…。

 今日も昼前から近所の病院へ足のリハビリとストレッチを受けに行った…。ちょうど、理学療法士の専門学校から学生さんが研修に来ていた…。

 最近、理学療法士等といった分野に人気があるという事だが、やはり「少子高齢化」というのも一因なのかな…と思われる…。

 人間、歳をとると体力の衰えが著しく、動く事が段々と億劫になってくると、筋肉や骨の衰えが目立ってきて、少し動いただけでも骨が折れたり、寝たきりになる可能性が高くなる…。

 更に、寝たきりで家に閉じこもって社会との接触が途切れてしまうと、「痴呆」や「認知症」等といった症状も出てきて、その結果、「要介護」の状態になってしまう…。

 担当の理学療法士さんは学生さんに技術的な事を教えるのと共に、患者さんとのコミュニケーションの取り方も丁寧に教えていた…。

 どこが痛いのか等といった症状を確認した上で、その日のリハビリのカリキュラムを考えたり、趣味の話等でリラックスさせたりという風に、収集した情報をフルに活用している…。

 中には愚痴のような事をしゃべる患者さんも見受けられるようだが、それでも嫌な顔をせずにリハビリを施しながら話を聞いている…。

 恐らく、どんな仕事でも情報収集は大切なのだが、それと同時に難しさも改めて知ったような気がした…、やれやれ…。

|

« 結局、どこも暑かった…。 | トップページ | 「父の日」の前日は曇りのち雨…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報収集の大切さと、難しさ…。:

« 結局、どこも暑かった…。 | トップページ | 「父の日」の前日は曇りのち雨…。 »