« 戻ってきた暑中見舞い…。 | トップページ | とりあえず、「ニアピン」…? »

2012年7月30日 (月)

T’ GARDEN in すばるホール…。

 2012年7月29日の日曜日に大阪・富田林市のすばるホールで催された「岡村孝子」さんのコンサート「T’s Garden」の模様を、出勤前の時間を利用して書きたいと思う…。

120729_164808

 近鉄長野線の川西駅に到着して、駅からの案内板を見ながら途中、偶然出会った知人と一緒にすばるホールへ向かった…。

 到着すると、他に誰か知り合いが来ていないかなぁ…と見ていたのだが、結局、特に見かけなかった…。知人と一緒に会場へ入ってから自分の席を確認した後、オリジナルグッズやCDの販売コーナーを見ながら開演までの時間をつぶしていた…。

 開演10分前ぐらいに席に戻ってしばらく待っていると、ホールにクリスタルサウンドの「白い夏」がBGMとして流れ出した…。「白い夏」が流れている間、サポートミュージシャンの皆さんがステージに登場した…。

 「白い夏」が終わるのと同時に、第一部のオープニングを飾る「どんどん」の演奏が始まって、「岡村孝子」さんがステージに登場して歌い始めた…。「どんどん」を歌い終わると、挨拶もそこそこに「夏の日の午後」を歌い始めた…。

 MCで次に歌う「はぐれそうな天使」にかつて持っていた葛藤やエピソードを話してから「はぐれそうな天使」、そしてコンサートであまり歌われなかった「青い風」を歌った…。

 そして、懐かしい曲という事で「TODAY」と「あなたと生きた季節」を2曲を歌ってから、亡き父の思い出を少し語ってから「forever」を歌い終わって、10分間の休憩に入った…。

 休憩終了後、第二部はインターネットラジオに寄せられたリクエストに応える「リクエストコーナー」から始まった…。今回は「雨上がりの虹のように」と「天晴な青空」の2曲がリクエストされたのだが、2曲とも「親子の絆」を考えさせられるエピソードがあったので、何だか心が温まるような気がした…。

 そして、次は「ずっと(『腕振り』付き)」…、沖縄でのライブで観客との一体感を実感したいという気持ちからサビの部分で両手を挙げて左右に腕を振るのだが、ギターの坪井さんのリードで会場が見事に一つになっていた…。

 次に「一期一会」と「IDENTITY」を歌ってから、サポートミュージシャンの皆さんの「メンバー紹介」の後、「adieu」、「四つ葉のクローバー」、「星屑に願いを」を「怒涛の三連発」と言わんばかりに会場と一つになって歌っていた…。

 会場内の興奮がまだ冷めていない状態で、アメリカのトリド日本人補習校校歌として作られた「勇気」を歌い終わって、今回のコンサートが終了した…。

 その後、会場内の熱狂的なファンの方々のアンコールの呼びかけに応えるように、一旦、ステージから降りていたサポートミュージシャンの方々が戻ってから、「岡村孝子」さんもステージに上がって「夢をあきらめないで2011」と「虹を追いかけて」を歌ってから、今回のコンサートは終了した…。

 特に今回のコンサートは、行く予定だった松戸のコンサートの分も楽しませてもらったので、自分の中では十分満たされたような気がした…、よかよか…。

|

« 戻ってきた暑中見舞い…。 | トップページ | とりあえず、「ニアピン」…? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T’ GARDEN in すばるホール…。:

« 戻ってきた暑中見舞い…。 | トップページ | とりあえず、「ニアピン」…? »