« 帰阪すると…。 | トップページ | 洗濯だけは…。 »

2011年10月 3日 (月)

OKAMURA TAKAKO SpecialLive2011「勇気~courage」 in なんばHatch…。

 2011年10月2日(日)の18時頃、母親の入院先から今回のライブ会場の「なんばHatch」に到着…。電車の乗るタイミングの悪さ等が重なって、予定していたよりかなり時間がかかってしまった…。

 愛用のiPodに入っていた「夢をあきらめないで2011」で自分自身を励ましつつ、何とか無事に到着してから会場の中にあるドリンクカウンターで使えるドリンク券を購入、とりあえずジンジャーエールで喉を潤した…。

 ライブ会場の中をスタッフに案内されて自分の席に着いて、ライブが始まるのを今か今かと待っていると、会場の照明が段々薄暗くなってきたと同時にバンドメンバーがステージに出てきた…。

 そして、今回のオープニング曲である「四つ葉のクローバー」の演奏が始まると岡村孝子さんがステージに登場し、歌い始めた…。どうやら声の調子も良いようだった…。

 「四つ葉のクローバー」を歌い終わると観客へ挨拶…。ノリの良い大阪のファンは礼儀正しく挨拶をするという「お約束」の言葉のキャッチボールで会場の雰囲気が良くなっていった…。

 今回のニューアルバム「勇気」から「雨上がりの虹のように」、「一期一会」、「ずっと」、「友よ」、「IDENTITY」、「mother」とトークを適度に挟みながら歌って、コンサートの第1部は終了…。

 15分の休憩後、第2部がスタート…。毎回恒例になっている「アコースティックコーナー」では、季節柄という事で「秋の日の夕暮れ」を歌ってからインターネットラジオに投稿されたメールを紹介、そして懐かしの「はぐれそうな天使」でコーナーに区切りをつけた…。

 続いて、「電車」、「forever」と少ししっとりした歌が続いた後、ニューアルバムのタイトルになっている「勇気(オハイオ州トリド日本人補習校校歌)」で会場が一体となって、ノリの良い「adieu」でファンが座席から立ち上がって大いに楽しんでいた…。

 そのまま、「星屑に願いを」、「どんどん」とニューアルバムからの歌が続いて、今回のライブ最後の歌である「夢をあきらめないで2011」でライブ会場が最高潮になったところで無事にライブが終了した…。

 会場からのアンコールで孝子さんを始めメンバー全員がステージに戻ってから、アンコール曲である「虹を追いかけて」を歌い始めた…。歌が終わってからメンバー全員が整列、観客へ感謝の意を示したところで舞台袖へ撤収…、今回のライブが本当に終了した…。

 ライブ終了後、ファン仲間と久しぶりに話をしていると、10月3日に名古屋のライブを見に行くという話を聞いて羨ましいと思ってしまったが、人にはそれぞれ事情があるので見に来れるだけでも良しという事にしよう…。

 もしも、このブログを読んでいる岡村孝子ファンの方で、これからライブを見に行く人がいるのなら、見に行けないファンの分まで応援して欲しいものだ…、よかよか…。

|

« 帰阪すると…。 | トップページ | 洗濯だけは…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OKAMURA TAKAKO SpecialLive2011「勇気~courage」 in なんばHatch…。:

« 帰阪すると…。 | トップページ | 洗濯だけは…。 »