« マイホームパパへの憧れ…? | トップページ | すっきりしないねぇ…。 »

2010年5月10日 (月)

第21回淀川中津左岸寄席…。

 2010年5月9日の夕方…、17時20分頃に阪急電鉄・中津駅に到着した…。正直、滅多に降りる駅ではないのだが、車窓から見た中津周辺は「山の手」や「高級住宅街」というイメージの阪急沿線にしては、下町情緒にあふれているといった感じだった…。

 駅の改札を出ると一人の女性がこちらに挨拶をしてきた…。普段、あまり女性には縁が無い我輩なので、一瞬だけ「…誰?」と思ったが、以前、「渡辺祭」等といったディープなイベントで知り合いになった方だった…。

 ちょうど中津寄席へ向かうという事だったので、その方のお友達に案内される形で会場のある中津商店街へ向かった…。一応、事前に地図を見て会場を確認しておいたのだが、中津商店街が予想以上に小じんまりした商店街だったので、そのまま通り過ぎても分からなかっただろう…。

Image938

 中津商店街を通って行くと、ようやく会場に到着した…。事前にネットで予約しておいたので、受付で名前を言うとチケットと代金を引き換える事が出来た…。開場時間まで今回の寄席を見に来た個性的な友人達と色々と話をしていた…。

 開場の時間になると、スタッフの方が入場者に「夜食」という事で、「おにぎり」と「ゆで卵」の入ったパックを渡しながら、席の案内をしていた…。ちなみに、我輩達は後ろの方の席から見る事にした…。

 開演時間の18時を少し過ぎると、本当の寄席のようにお茶子さんが「めくり」を使って、出番の芸人さんを紹介していた…。まずは今回の寄席の司会である「ナオユキ」さんが15分ほど漫談をしていたが、ジワリジワリと笑わせるその手法にいつも感心させられる…。

 次に松竹芸能の中堅実力派漫才師である「シンデレラエキスプレス」の二人が「演歌歌手になりたい!」という内容の漫才を演じた後、「シンデレラエキスプレス」と「ナオユキ」さんの3人で「座談会」と称した楽屋噺を19時頃まで話していたが、内容に関してはここでは書けない事ばかりなので、残念ながら省略させていただいた…。

 「座談会」の後、「仲入り」という事で5分ほどトイレ休憩をしてから、松竹芸能の若手屈指の実力派である「ボルトボルズ」が得意ネタである「おばあちゃんのキャバクラ」を熱演していた…。

 そして、今回のトリという事で、再び「シンデレラエキスプレス」の二人が登場…、「初めてのおつかい」という内容の漫才を演じていたが、やはり面白かった…。結局、「シンデレラエキスプレス」の二人は漫才を2本演じた形になるが、最初のネタと後のネタで「ツッコミ」と「ボケ」が入れ替わっていた事をちゃんとチェックしていた…。

Image937

 今回は「漫才特選会vol.1」という事で、中津寄席では初めての試みだったので、力のある漫才師2組を呼んだと思うが、このような面白いイベントがあれば、また見に行きたいと思った…、やれやれ…。

|

« マイホームパパへの憧れ…? | トップページ | すっきりしないねぇ…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第21回淀川中津左岸寄席…。:

« マイホームパパへの憧れ…? | トップページ | すっきりしないねぇ…。 »