« のんびりしたいな、日曜日…。 | トップページ | 今年最後の「夕刊シンプレ新聞社」…。 »

2008年12月22日 (月)

今年最後のTENGEKI…。

 2008年12月21日の13時半頃、通天閣の前に到着、商店街にあるTENGEKIの「前売券・当日券」の立看板近くにまだ誰も並んでいないのを確認してから、開場まで並んで待っていた…。

 今回のTENGEKIの出演者は前半が「チキチキジョニー」、「トライアングル」、「浮世亭大吾・小吾」、「竹井輝彦」、「シンデレラエキスプレス」、「横山たかし・ひろし」の6組、後半の「松竹特選落語」は「笑福亭喬若」、「笑福亭小つる」、「笑福亭呂鶴」の3組という事だった。

 それにしても、7月のTENGEKIオープン以来、前半に漫才等の演芸、後半に落語という出番表になっているのだが、漫才のトリが終わるとすぐに席を立って落語を見ない客を何人も見た事がある。恐らく、漫才の大御所が観客を沸かせた後に出てくる若手の落語家を「見るに値しない…」とでも思っているのだろうか…?

 以前、何かの書物で「寄席の出番表はコース料理のような物…」という表現があった…。こってりした料理の後にはあっさりした料理…という風にメリハリをつける事によって、それぞれの料理をお互いに引き立て合うのだそうだ。

 松竹芸能もいつまで続くか分からない「落語ブーム」等という流行なんかに便乗しない「出番表の作成」について、もう少し勉強した方が良いのではないかとついつい考えてしまう…。

 要するに、我輩としてはTENGEKIでしか見る事の出来ない演芸を見たいという事だ…、やれやれ…。

|

« のんびりしたいな、日曜日…。 | トップページ | 今年最後の「夕刊シンプレ新聞社」…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後のTENGEKI…。:

« のんびりしたいな、日曜日…。 | トップページ | 今年最後の「夕刊シンプレ新聞社」…。 »