« 「ヤメテクレヨパトラ」 in 森ノ宮プラネットホール…。(前編) | トップページ | 「ヤメテクレヨパトラ」 in 森ノ宮プラネットホール…。(おまけ) »

2008年8月31日 (日)

「ヤメテクレヨパトラ」 in 森ノ宮プラネットホール…。(後編)

 チラシをもらった岩見さんが「劇団なにわバブルス」という劇団を見学しにきたというコントなのだが、「ジャパネッツ高田」や「ラビッツ関根」というちょっと怪しい芸名の劇団員を抱える劇団の座長がホームレス風の植山さんだった…(笑)見学者のはずの岩見さんもそんな怪しい劇団の洗礼を受けるかのように、「見ざる聞かざる岩見ざる」や「シェー!(それはイヤミや!)」とう芸名を付けられてしまう。今度の舞台の台本が出来たというので、役のオーディションを行うのだが、高田さんがヒトデ役、関根さんがナマコ役と選ばれていくのだが、植山さんの「ナマコ」の微妙(?)かつ絶妙(??)な発音がメッチャ気になってしまった…。

 そして、開演前の前説として出てきた「華(?)さき・ほこる」が主役のコントなのだが、漫才師の「さき(高田さん)」がTVの仕事に遅れているとディレクター達(岩見さん&小森さん)から責められている相方の「ほこる(石原さん)」の慌てぶりや相方への思いを描いたコントだったが、思わず「何じゃ、そりゃ!」とツッこんでしまいそうだった…。

 その次の「ゴム跳び隊(岩見さん&植山さん)」のコントでは、占い師に扮した石原さんが秘かに悩みを抱えている小森さんの「心のカベ」を飛び越えるという事で、「声が通らない」や恋愛の心の傷を「ゴム跳び」になぞらえて何とか飛び越えていったのだが、「傷口のような目」だけは飛び越える事が出来なかった…。また、今度は高田さんが関根さんの悩みである「実家が貧乏!」という「心(?)のカベ」を「火の車」や「マッハふみふみ」等といった跳び方で飛び越えようとするが、見事に…。

 最後のユニットコント「昼ドラのあるある」では、昼ドラに出てきそうな大金持ちの主人(植山さん)、主人の弟(関根さん)、主人の妻(石原さん)、長女(小森さん)、次女(高田さん)、謎の男(岩見さん)といった登場人物を、まるで「ちびまる子ちゃん」の「キートン山田(山田俊司)」氏のようなナレーションでツッこんでいくという、新しい試みのコントだった。それにしても、あのナレーションの声は誰だったのか、今でも謎だ…。

 前回の公演に比べてユニットコントが増えている事もあって時間が長いようだったが、そんな事も気にならない位にメッチャ面白かった。公演が終わってから天然もろこしの二人と話す機会があったので、思わず「3回目はいつ?」と聞かずにはおれなかった…。

 恐らく、これから人気公演になっていくと思うので、次回の公演も今から楽しみで仕方がない…、やれやれ…(笑)

|

« 「ヤメテクレヨパトラ」 in 森ノ宮プラネットホール…。(前編) | トップページ | 「ヤメテクレヨパトラ」 in 森ノ宮プラネットホール…。(おまけ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤメテクレヨパトラ」 in 森ノ宮プラネットホール…。(後編):

« 「ヤメテクレヨパトラ」 in 森ノ宮プラネットホール…。(前編) | トップページ | 「ヤメテクレヨパトラ」 in 森ノ宮プラネットホール…。(おまけ) »