« 我輩って、健気…? | トップページ | 2つの「特選」…。(改訂増補版)・後編 »

2008年7月11日 (金)

2つの「特選」…。(改訂増補版)・前編

 今日は日勤という事で、朝からコーヒーを飲みながら出かける準備をしている。それにしても、昨日は国立文楽劇場の「上方演芸特選会」とワッハホールの「松竹特選落語会」と2つの「特選」を見に行ったが、共に「特選」の名にふさわしい会だった…。

Image250

 まずは一つ目の「特選」…という事で、7月4~7日まで国立文楽劇場で催された「上方演芸特選会」、今回は日替わり出演という事で、最終日の出演は「ボルトボルズ(漫才)」、「横山ともや・たきや(漫才)」、「笑福亭仁勇(落語)」、「シンデレラエキスプレス(漫才)」、「桂福團治(落語)」、中入りを挟んでから「旭堂南北(講談)」、「宮川青丸・とん子(漫才)」、「横山たかし・ひろし(漫才)」の以上8組だった。

 今回、特に注目したのは結成してまだ1か月ぐらいの「横山ともや・たきや」だった。どんな漫才を見せてくれるのだろうと思っていると、中東っぽい顔立ちをした兄ちゃんが左手にカスタネットをつけて、「横山ともや」氏と共に舞台へ上がってきた。ネタ的には前の相方に使っていたのを流用したりしていたが、まぁこれからどうなっていくのだろうかといった感じだった。

 あと、他の漫才もかなり面白かったが、「笑福亭仁勇」氏の「狸賽(たぬさい)」や「旭堂南北」氏の「太閤記~山崎の合戦~」等といった落語や講談もなかなかだったが、その中でも「桂福團治」師の「一文笛」という人情噺は笑いあり涙ありといった感じで、さすが名人芸は違うなと思った。ちなみに、トリの「横山たかし・ひろし」の漫才では舞台の上から「横山たかし」氏から「兄ちゃんは嫁、いとるんか?」と聞かれたので「まだ独身です…。」と答えると、「つらいのぉ~、甲斐性ないんかぁ~(笑)」とイジられてしまった…、やれやれ…(笑)

|

« 我輩って、健気…? | トップページ | 2つの「特選」…。(改訂増補版)・後編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2つの「特選」…。(改訂増補版)・前編:

« 我輩って、健気…? | トップページ | 2つの「特選」…。(改訂増補版)・後編 »