« 天王寺へ…。 | トップページ | 悲惨な夕食…。 »

2007年8月19日 (日)

とある落語会…。

 昼過ぎにバス乗り場からバスに乗って、20分ほどで天王寺に到着した。到着するとすぐに地下街へ入って、昼食を食べに行った。食後にしばらくブラブラと歩いて、開催場所のミオホールがある天王寺MIOを目指して徘徊していた。

 とりあえず、ミオホールの場所を確認しに天王寺MIOの12Fへ向かったら、落語会のスタッフの方が準備していた。どうやら会場の中に入れるようだったので、パンフレットと引き換えに入場券を渡した。特設の高座の横には演者の名前が書いてある「めくり」、高座の上には座布団が置いてあって、その前に上方落語でしか使用されない小さな机の「見台(けんだい)」、効果音に使う小さな拍子木の「小拍子(こびょうし)」、見台の下から演者の膝が見えないようにする衝立の「膝隠し(ひざかくし)」が配置されていた。

 高座がよく見える1番前の席に座って会場内を何気なく見渡すと、まさに老若男女と言うよりは老々男女で「大入満員」という状態だった。それから間もなく主催者側の挨拶があって、最初に笑福亭喬若(しょうふくてい・きょうじゃく)さんが「時うどん」、そして桂一蝶(かつら・いっちょう)さんが「運まわし」、トリに桂文福(かつら・ぶんぶく)さんが相撲甚句を歌ってから「大相撲風景」を演じていた。

 落語が終わってからパンフレットに記載されている抽選番号による大抽選会があった。運良く6等の「干し芋セット」をもらったが、家に持って帰ったら多分いつの間にか無くなっている事だろう、やれやれ…。

|

« 天王寺へ…。 | トップページ | 悲惨な夕食…。 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とある落語会…。:

« 天王寺へ…。 | トップページ | 悲惨な夕食…。 »