« 東京物語 -第四章- | トップページ | 東京物語 -第六章- »

2006年12月16日 (土)

東京物語 -第五章-

 東京の下町の食文化を堪能したところで、名残惜しいながらも会計を済ませ、今度、東京に来る機会があれば必ず食べに来て、自分でもんじゃを焼くぞ!という事を心に誓って、加藤さんへの挨拶を済ませ「わらべ」を後にした。

 大泉学園から池袋を経由して宿泊先のある品川へ向かったが、食後という事もあって少し眠ってしまった…。何分位、眠っただろうか、気がついて目を覚ますと品川まではまだまだという感じだった。山手線を乗っていて、ふと大阪の環状線と比較してみた。山手線の方が駅の数も多く、駅から駅までの時間も大阪より心なしか長いように思えた。あと、駅の施設も大阪より東京の方が明らかに規模が大きく見えた。

 しばらくして、品川駅に到着して高輪口から宿泊先の品川プリンスホテルの本館へ向かった。信号待ちをしていると左手の方に職場の知人がオススメしていた「つばめグリル」を見つけた。次にホテルの近くにある「アウトバックステーキハウス」の場所を確認してから、品川プリンスホテル本館のフロントに向かい、チェックインの手続きを済ませ、先に送っておいた荷物を受け取って部屋に向かった。

 フロントでもらった鍵でドアを開けて部屋に入ると、シングルの部屋ってどんなホテルでも同じようなものかな?と思ってしまう程、ごくありきたりな部屋だった。コンサートまであと2時間…、とりあえず荷物を置いて、ベッドに寝転がってTVのワイドショー風の番組を見ていた。

 コンサートの30分前、チケット等の忘れ物が無いかをチェックしてから部屋を出た。品川プリンスホテルに併設されている「エプソン品川アクアスタジアム」という水族館に「ステラボール」というライブホールがあって、そこにチケットで入場するとコンサートのパンフレットやカレンダー、DVD等が販売していたので、パンフとカレンダーを購入してから指定された席に座った。

|

« 東京物語 -第四章- | トップページ | 東京物語 -第六章- »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京物語 -第五章-:

« 東京物語 -第四章- | トップページ | 東京物語 -第六章- »