« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~邂逅編 | トップページ | 今日は急遽、非番日…。 »

2006年10月 2日 (月)

伊勢・志摩・鳥羽への旅~完結編

 松阪行きの特急の中で、志摩磯部駅のコインロッカーに入れた荷物を完全に忘れてた事を思い出し、鳥羽で途中下車して再び志摩磯部駅に大慌てで向かった…。改札を出て、また特急券窓口で次に到着する特急の禁煙座席を指定してから、コインロッカーの方へ行って、ロッカーの中から荷物を取り出した…。

 色々とすったもんだがあって、ようやく松阪に到着して駅近くのビジネスホテルにチェックインして、部屋で一時間ほどゆっくりとしてから、夕食を食べに町へ出かけた。松阪でも有名な焼肉店にふらりと入って、適当に2,3品ほど焼物を注文して様子を見た。塩物はまあまあかなと思ったが、内臓ものと正肉が出てきたので良く見ると、一つの皿にお肉と内臓肉が並べてあって、それに「味噌ダレ」がかかってあるだけで、肉とタレとを絡めていなかった…。しかも、焼いてから肉につける「ツケダレ」も「モミダレ」と全く同じタレだった…。

 他にも2件ほど焼肉屋に行ってみたが、結局同じような味噌ダレだった。関西では肉の種類によってモミダレも味がつきやすい正肉だったらサラッとした「しょう油ベース」、水分が多くて味がつきにくい内臓肉にはトロリと絡みやすい「味噌ベース」、最近はタンやトントロ等の塩ものの味付けに便利な「塩ダレ」と使い分ける。地域によって、食文化の違いにはいつも驚かされる…。これからも、色々な発見をしていきたいものだ…。やれやれ…。

|

« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~邂逅編 | トップページ | 今日は急遽、非番日…。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢・志摩・鳥羽への旅~完結編:

« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~邂逅編 | トップページ | 今日は急遽、非番日…。 »