« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~黎明編 | トップページ | 伊勢・志摩・鳥羽への旅~彷徨編 »

2006年9月30日 (土)

伊勢・志摩・鳥羽への旅~立志編

 2006年9月26日の火曜日、午前6時に目覚めた…。せっかくの旅行にも関わらず、いつもの時間に目覚めてしまった。実に悲しい宮仕えの習性だ…。そこで気を取り直して、朝風呂に向かった。気持ちの良い温泉に浸かりながら、今日の行き先をじっくりと考えていた…。

 朝食の時、昨日の夕食に出てきた伊勢海老の頭が赤味噌仕立ての赤だしになって出てきた。伊勢海老のエキスが味噌汁に出ていて、実に美味しかった。朝からすごく贅沢な気分になれた。

 今日は賢島の方へ行こうと思い、旅館を出る際、仲居さんに部屋の鍵を渡した時、旅館の包装紙に包まれた物をもらった。「何だ、こりゃ?」と思い、仲居さんに尋ねると「お弁当」という事で、改めて旅館の気配りに感謝した。

 特急で賢島に向かい、「英虞湾めぐり遊覧船」に乗船しようとしたが、まだ時間があったので「志摩マリンランド」で「海女の餌付けショー」を見ていた。それから、遊覧船に乗って英虞湾の眺めを潮風に吹かれながら、ただぼうと海を見ていた。

 「英虞湾めぐり」が終わって、賢島から志摩スペイン村に行こうと思い、特急電車の座席指定を受けてから電車に乗り込んで、旅館でもらった「お弁当」を食べようと包みを開けた。おにぎりが2個と玉子焼き等のおかずが入っていて、シンプルながらも美味しかった。

|

« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~黎明編 | トップページ | 伊勢・志摩・鳥羽への旅~彷徨編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢・志摩・鳥羽への旅~立志編:

« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~黎明編 | トップページ | 伊勢・志摩・鳥羽への旅~彷徨編 »