« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~立志編 | トップページ | 伊勢・志摩・鳥羽への旅~怒濤編 »

2006年9月30日 (土)

伊勢・志摩・鳥羽への旅~彷徨編

 車内で昼食を済ませると、少し眠くなったのでウトウトしていた。「少し寝ちゃったかな?」と思って目が覚めると、志摩スペイン村の最寄り駅をとっくの昔に過ぎてしまって、もうすぐ松阪に到着という感じだった。「しまった!」と思い、慌てて松阪で特急を降り、戻ろうとして特急に乗り込んだら、ちょうどどこへ行くにも中途半端な時間になってしまった…。

 結局、鳥羽の旅館に戻って、少し気が滅入ったまま風呂に入ろうと思ったら、愛用の帽子が無い事に気がついた。慌てて鳥羽駅に向かって、駅員さんに忘れ物の問い合わせをしてもらった。恐らく賢島から乗った特急に置き忘れたと思い、何時頃の電車に乗ったとか、どんな帽子とかを説明した。すると、4,5分ほどして駅員さんから「大阪の難波駅で発見されました…。」と言われて、

「持ち主より先に大阪へ帰って、どないすんねん!」

…と思わず心の中でツッコんでしまった。

 帽子の方は大阪から鳥羽まで送ってくれるという事で、明日の昼以降に取りに来て下さいと言われて、とりあえず旅館へ戻った。持ち主より帽子の方が彷徨っていたなんて…、やれやれ…。

|

« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~立志編 | トップページ | 伊勢・志摩・鳥羽への旅~怒濤編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢・志摩・鳥羽への旅~彷徨編:

« 伊勢・志摩・鳥羽への旅~立志編 | トップページ | 伊勢・志摩・鳥羽への旅~怒濤編 »