« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

伊勢・志摩・鳥羽への旅~怒濤編

 鳥羽駅に忘れ物の取戻しを依頼して戻ろうとすると、雨がぱらついてきた。宿に戻るとより一層雨が強くなってきた。部屋に戻ってラフな格好に着替え、宿で傘を借りてから外に夕食を食べに出かけた。

 宿から歩いて7,8分の所に、前日に下調べをしておいた焼肉屋「泉門天(せんもんてん)」というお店があり、実は下調べの際、焼肉談義に花が咲いて、オーナーとかなり話しこんでしまった経緯がある…。「鳥羽地方では『赤セン(牛の4番目の胃)』はほとんど存在を知られていない」や「正肉と内臓肉(ホルモン)のモミダレが同じ味噌ベース」、「ホルモンについている余分な脂がかなり好まれる」等といった焼肉の地域性や知識の他に、美味しい松阪牛を実に良心的な値段で提供してくれた。思わず、「ここでこんなに美味しかったら、わざわざ松阪に行かんでもええなぁ…。」と思ってしまうほどだった。

 満足感に浸りながらも強い雨の中、何とか大急ぎで宿に戻った。すぐにお風呂に向かって、「この宿とも明日でお別れか…。」、そう呟きながら濡れた身体を湯船に沈めた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢・志摩・鳥羽への旅~彷徨編

 車内で昼食を済ませると、少し眠くなったのでウトウトしていた。「少し寝ちゃったかな?」と思って目が覚めると、志摩スペイン村の最寄り駅をとっくの昔に過ぎてしまって、もうすぐ松阪に到着という感じだった。「しまった!」と思い、慌てて松阪で特急を降り、戻ろうとして特急に乗り込んだら、ちょうどどこへ行くにも中途半端な時間になってしまった…。

 結局、鳥羽の旅館に戻って、少し気が滅入ったまま風呂に入ろうと思ったら、愛用の帽子が無い事に気がついた。慌てて鳥羽駅に向かって、駅員さんに忘れ物の問い合わせをしてもらった。恐らく賢島から乗った特急に置き忘れたと思い、何時頃の電車に乗ったとか、どんな帽子とかを説明した。すると、4,5分ほどして駅員さんから「大阪の難波駅で発見されました…。」と言われて、

「持ち主より先に大阪へ帰って、どないすんねん!」

…と思わず心の中でツッコんでしまった。

 帽子の方は大阪から鳥羽まで送ってくれるという事で、明日の昼以降に取りに来て下さいと言われて、とりあえず旅館へ戻った。持ち主より帽子の方が彷徨っていたなんて…、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢・志摩・鳥羽への旅~立志編

 2006年9月26日の火曜日、午前6時に目覚めた…。せっかくの旅行にも関わらず、いつもの時間に目覚めてしまった。実に悲しい宮仕えの習性だ…。そこで気を取り直して、朝風呂に向かった。気持ちの良い温泉に浸かりながら、今日の行き先をじっくりと考えていた…。

 朝食の時、昨日の夕食に出てきた伊勢海老の頭が赤味噌仕立ての赤だしになって出てきた。伊勢海老のエキスが味噌汁に出ていて、実に美味しかった。朝からすごく贅沢な気分になれた。

 今日は賢島の方へ行こうと思い、旅館を出る際、仲居さんに部屋の鍵を渡した時、旅館の包装紙に包まれた物をもらった。「何だ、こりゃ?」と思い、仲居さんに尋ねると「お弁当」という事で、改めて旅館の気配りに感謝した。

 特急で賢島に向かい、「英虞湾めぐり遊覧船」に乗船しようとしたが、まだ時間があったので「志摩マリンランド」で「海女の餌付けショー」を見ていた。それから、遊覧船に乗って英虞湾の眺めを潮風に吹かれながら、ただぼうと海を見ていた。

 「英虞湾めぐり」が終わって、賢島から志摩スペイン村に行こうと思い、特急電車の座席指定を受けてから電車に乗り込んで、旅館でもらった「お弁当」を食べようと包みを開けた。おにぎりが2個と玉子焼き等のおかずが入っていて、シンプルながらも美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

伊勢・志摩・鳥羽への旅~黎明編

 チェックインを済ませ、部屋に案内してもらってから、夕食の前に軽く汗を流そうと風呂へ向かった。風呂は隣町の源泉から引いてある温泉という事で、旅の疲れが取れていく感じがして、実に心地良かった。夕食では伊勢海老をメインにした大変おいしい料理に舌鼓を打った。

 夕食後、旅館の周辺を散策したくなったので、1,2時間ほど夜風に当たりながら歩いていた。途中の本屋さんで電車の中で読む文庫本を買ったり、ちょっととあるお店に寄り道したりしていた。旅館に戻ってから、床に就こうと布団に入ると、何だか懐かしいというか、心休まるような感じがして、久しぶりに安らかな眠りについた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢・志摩・鳥羽への旅~出発編

 2006年9月25日の月曜日、今日から8連休…。という事で、伊勢志摩方面へ小旅行に出かけた。でも、その前に野暮用があった為、一旦、近鉄のアーバンライナーで名古屋に向かった。ちょうど昼前に名古屋に到着したので、少し早めの昼食でも…と思い、「矢場とんエスカ店」で「わらじとんかつ定食」を注文した。ちょうど偶然(?)、「矢場とんTシャツ」を着ていたので、串かつを2本サービスしてもらった…(ラッキー!)

 昼食を済ませてから、とりあえず野暮用へと向かった…が、思っていたより早く野暮用が終わってしまった(あらら…)ため、特急の時間を前倒しで鳥羽に向かった。約1時間半ほどで鳥羽に到着し、とりあえず「鳥羽湾めぐり観光船」に乗り、「ミキモト真珠島」で真珠の作り方等を見た。それから鳥羽駅の方に戻り、駅の近くのビルのお土産売り場をウロチョロしたり、焼貝を食べたりして、一度、旅館に電話をしてからチェックインした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

旅の準備…。

 今日は来週から4日ほど旅に出るので、朝から旅行カバンに着替え等を詰め込んでいた。昼過ぎから梅田の方に以前から一度行ってみたいお店があったので、行ってみる事にした。普段は通勤以外であんまり梅田の方に行かないので、お店に電話して場所を教えてもらった。実際に行ってみると、正直あんまり大した事が無かったので、ちょっとガッカリした…。

 その上、その店の周辺は比較的、ラブホテルや風俗店が多くて、何回か胡散臭げなオッチャンに「お兄さん、お店決めてるの?」や「うちの割引券だけど、どう?」とか、まるで風俗目当てのお兄さんみたいに思われたみたいだ。やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

お見舞い…。

 今日は仕事が終わってから、同僚のお見舞いに行った。配達先から戻ってくる際に通る幹線道路沿いに病院があるのだが、勤務時間中にお見舞いに行く事が出来ない上、次の日に退院という事もあって、何人かで行く事になった。教えられた部屋に行くと、同僚とは似ても似つかぬオジサンがいたので「あれ?この人、誰??」と思い、看護師さんに部屋を聞いてみようと思ってナースステーションへ向かった。ナースステーションの横にロビーがあり、そこに同僚と先に行っていた上司達がいたので、合流して一緒に歓談していた。退院しても、しばらくは自宅療養という事で寂しい限りではあるが、ちゃんと完治して元気に復活して欲しいものである、お大事に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

牛丼…。

 今日は朝からニュースで、イヤと言うほど「牛丼」という単語を聞いた…。一日だけ「牛丼」が復活したというニュースらしいが、牛丼だったら他の店でも販売されているのに、わざわざ復活だなんて実に大層な話である…。ニュースでは「まずい!」、「煮込みが足りない!」等と言った都合の悪いインタビューは編集できるので、マスコミを利用した実に安上がりで巧妙な宣伝だなと思った…。

 一応、知人から「肉食人種」と言われる位に肉が主食(?)になっている訳だが、たかが「牛丼」ごときを行列に並んでまで食べようという考えは一切無い。それに前の復活際に知人と一緒に行ったら、話題性だけで食べに来ている大量の「俄か牛丼ファン」のおかげ(?)で、煮こみが間に合わなくて、牛バラ肉は生ではないが少し足りない感じだし、特にタマネギに至っては3分の1ぐらいしかツユのしみこみが浅くて生煮え状態だった…。

 それにいまだに「BSE」の問題もあるので、安全性が「見せかけ」じゃなくて本当に確保されているのか?販売する方は自分の家族に安全かどうか分からない物を食べさせる事が出来るのか?そんな危険かも知れない物を、あたかも「切り札」のような位置づけをしている企業って、一体どうなんだろう?

 本当にそこの「牛丼」が食いたかったら、競馬場にでも行けばいい。少し割高になるが、本当に心からのファンだったら、多少の出費も惜しまないだろう。それに国内産の和牛を使っているという事なので、外国産の胡散臭い牛バラ肉の牛丼よりはうまいと思う。

 それにしても、この国の国民性はいつになったら報道に惑わされず、自分というものを持てるようになれるのだろう?また、「個性」という物を認められるようになるのだろう?ただ最近、ご都合主義的な「個人主義」が流行しているので、それと勘違いされている輩も多数おられるようではあるが…、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

神戸の古書店…。

 今日は朝から少し雨がパラついていたので、「本を探しに行きたいけど、せっかく買った本が濡れたらイヤだな…。」とコーヒーを飲みながら考えていた。でも、思っていたより早く雨が上がったので、意を決して出かける事にした。

 以前、用事があって神戸の方に行った際に、地下街にいくつか古書店があって、その中の一軒に偶然、探していた作家の著書が24,5冊まとめて置いてあったのを見つけて、正直ビックリした。更に驚いたのが値段で、一冊一冊値段を確認しながら合計してみると、大阪でも有名な古書街の値段設定に比べると、恐らく半値に近い値段だった。

 「矢切止夫(やぎり・とめお)」という作家なのだが、ある筋の人から言わせれば「異端の歴史作家」と呼ばれていて、「信長殺し、光秀ではない」や「上杉謙信は男か女か」等、独自の調査と視点に基づいた作品を発表していた。だが、出版されてから30年以上経過しているのもあって、なかなか見つからなかったり、店に出てもすぐに売れてしまったり、と本当に手に入りにくい本だった…。

 神戸に向かう電車の中で、「どうか、まだありますように…。」と祈りつつ、その店に行ったらまだ残っていたので、「ラッキー!」と言わんばかりに、すかさず本をレジに持って行った。そこの主人も「矢切止夫」作品のまとめ買いにビックリした様子で、キリの良い値段に勉強してもらった…。それはそれで良かったのだが、大量の本を大阪まで持って帰る事まで考えていなかったので、もう少し考えた方が良かったかなと両手に本の入った紙袋を持ちながら、ちょっと後悔してしまった。やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

今日は寄り道…。

 今日は仕事が終わってから、他のチームの後輩と一緒に、職場から歩いてすぐのお好み焼き屋へ食べに行った。そこのお好み焼き屋は転勤してきた時、知人と一緒に食べに行った店で、最近は気が向いた時にしか行かないけれど、笑顔の絶えない親しみやすいオバチャンとオッチャンがいつも出迎えてくれる、我輩のお気に入りのお店の一つだ…。

 お好み焼きを食べ終わって最寄り駅まで後輩と一緒に歩いていると、たまに行く飲み屋の近くに前のチームの班長の自転車が停まっていたので、冷やかしのつもりで飲み屋に入っていった…。前のチームの班長と副班長、それから先輩のと合わせて5人で、ちょっと飲みながら色々と仕事の話をしていた。

 飲み屋を出てから、後輩がお好み焼きをおごってくれたお礼という事で、最寄り駅近くの美味しいという評判のケーキ屋で、フルーツ入りのロールケーキを買ってくれた。後輩からおごってもらうなんて…、何だか少し照れ臭いものである、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

雨がシトシト、水曜日…。

 今日は朝から雨だった…。せっかくの非番日なのに、どこにも行けやしない…。給料日前という事もあって、家にこもってネットを使って色々と調べ物をしていた。再来週にちょっと出かける予定なので、行き先の下調べや地図で場所を確認しながら、ある程度のプランを考えていた。

 「予定は未定だから…」とよく言うけれど、あんまり行き当たりばったりというのは好きじゃない。基本的なガイドラインのような物があって、それに基づいて行動するのが向いているみたいだ…。たまにイレギュラーというか、予測できない事もあるけれど、それに極力対応できるような融通の利くプランを考えるようにはしているつもりだ。

 「慎重」なのか、「神経質」なのか、「大雑把」なのか、はたまた「ルーズ」なのか、自分でもたまに自分の性格が分からない事がたまにある、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

徘徊…。

 今日は日曜日に出勤したので、その代わりの休みだった。午前中に一通りの用事をすませて、我が母校の裏側にあるお好み焼き屋で、近くに住んでいる上司と一緒に昼食をとった。それから、二人して自転車でリサイクルショップ等をウロチョロして、それぞれ家に帰った。正直言って、「徘徊」という言葉がピッタリだと思った、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

理解に苦しむ…。

 最近、TVのニュースや新聞を見ていると、理解に苦しむ事が多い…。「ストーカー被害」を例に挙げると、割合から言えば、男性が女性をストーキングするケースが圧倒的だが、「男性ばかりが悪いんだろうか…?」とふと考えてしまう。確かに異常で歪んだ愛情や「自分だけのモノにしたい!」という独占欲の果てにストーカーになってしまって、最悪の場合、殺人事件にまで発展するのだろう。

 誰しも、どんな人間にも「欲」というものは持っている。本来はそういう感情を抑制したりする事で、心のバランスをとっている。でも、そんな「欲」が抑制できない位に暴走してしまう…。人間としての弱さ、儚さを改めて感じてしまう。でも、「心が弱いから…。」という理由はただの言い訳に過ぎなくて、犯罪行為を許したり罪の軽重に影響を与えるのもではない。

 仮に職場においても、挨拶程度に話をしたり、色んな所で遭遇したりするだけで、「ストーカー」と決め付けられたり、待ち伏せをしていると思われたりしたら、本当にシャレにならない。更に「ストーカー」だと決め付けられた上に挨拶をしても無視されて避けられたりしたら、マトモに話も聞いてもくれないし、弁明する機会すら与えてくれない。もし、女性側の「自意識過剰」で自分が何もしていないのにストーカー扱いされたなら、それはそれである意味、「犯罪行為」に匹敵するだろう。

 自分自身、「ストーカー」扱いされるよりは、まだ「変態」と呼ばれた方がマシだと思う…、あれ?別にストーカーを弁護する気持ちは一切無い。しかし、何だか最初に掲げたタイトルとかけ離れた話になってしまったかな?やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

仕事が終わって…。

 今日は残業が終わってから、うちの班長と前の班長、先輩と一緒に飲みに行った。飲みに行っても仕事の話ばかりで、どこのチームもギリギリの状態で仕事をしているのを改めて知った。昼休みもマトモに取れず、時間に追われて配達している…。場合によっては昼飯を食べれない日もある…。

 「勤務時間はちゃんと守れ!仕事が遅いから守られへんのや!!」と言う人もいる。人を批判するのは誰にでも出来るが、「なぜ?」「どうして?」と時間を守れない事に対して疑問を持って欲しい!そして、それらに対する具体案や解決案を掲げてから物を言って欲しいものである。

 お客様からの配達時間帯指定で対応に追われるのは仕方が無いと思うが、職場内の「しがらみ」や「都合」で仕事の足を引っ張られるのは勘弁して欲しいものである、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

携帯、復活!

 今日は朝から仕事が非番だったので、久しぶりに少し朝寝坊をした。しばらくしてから、近所の喫茶店へモーニングサービスの時間ギリギリに向かい、優雅(?)な朝食をすませた。コーヒーを飲みながら、ふと携帯電話の修理が終わったという連絡があったのを思い出し、いつ頃取りに行こうかと考えていた。ちょうど、コーヒーを飲んでいる喫茶店の隣に携帯ショップがあるのだが、他のショップに比べて店員が「チンピラ」か「水商売」系の感じのにーちゃんやねーちゃんなので、家の近くでも正直、絶対に行きたくない感じのお店だった。最初は「機種変更」を考えたが、お気に入りの色が無かったので、隣の市のショップへ修理に出していた。ちょうど同じメーカーの携帯の不具合があったため、中の基盤と外側のメンテナンスだけで一ヶ月以上も経ってしまった。

 色々な用事をすませて、ようやく夕方に携帯を取りに行った際に、「新機種・限定色」という携帯があったので見ていると、今、使っている携帯と同じお気に入りの色の携帯があったので、せっかく修理から戻ってきたのに、「機種変更」してしまおうかとつくづく思ってしまった、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

道草…。

 今日は仕事が思っていたより早く終わったので、私鉄と地下鉄のターミナル駅の地下街のコーヒーショップに立ち寄った。その店の深煎りのコーヒーを一通り飲んでしまったので、中深煎りの方にチャレンジしてみた。基本的に「エスプレッソ」に使う「イタリアンロースト」や「カフェオレ」に配合する牛乳に負けないような「フレンチロースト」を何も入れずに飲むのが好きなので、「中深煎りでは、ちょっと物足りないかな…?」と思って飲んでみると、思っていたよりしっかりとした味だったので何だか得をした気分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

部屋のお片づけ…。

 今日は日曜日だというのに、朝7時ごろに目覚めた…。とりあえず、TVをつけてボーっと見ていて、ふと「今日は特にどこかへ出かける予定も無いから、部屋の片付けをしよう!」と思った…。ここ最近、日曜日は出勤だったり、非番の日は家の用事で出かけたりして、なかなか整理整頓が出来なかったので、気合を入れて掃除する事にした…。

 旅行バッグやデイパック等のカバン類に始まり、いただいた暑中見舞いハガキ、読みかけの京極夏彦の文庫本、作っていないガンプラ、岡村孝子のコンサート風景のDVD、職場でもらった配布物、等など数え上げたらキリが無いほど色んな物があって、片付けにかなりの時間がかかった。でも、普段からこまめに片付けていれば、こんなに手間取る事は無かったのだが…。やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

お通夜…。

 今日は仕事が終わって、職場のみんなと話をしていたら、以前うちの職場にいた人のお父さんが亡くなったという事を聞いた。その人とは1年半ほど同じチームで仕事をしていたが、かなり個性的で元々某大学の法学部を卒業して、どういう訳か郵便局員になったという、かなりの「変り種」の人だった。それゆえに、職場でもかなりいろんな人とかなり口論をしたり、お客様からもそれなりの意見を頂戴したりしていた。ちょうど愛車で仕事に来ていたので、取り急ぎお通夜に行ってきた。焼香をすませて、挨拶もそこそこに3月に新築した家を案内してもらった。2Fの書斎の本棚には法律書がズラリと並んでいて、今でも法律の勉強をしているらしい。

 一応、お通夜に行ったのだが、結局「お宅訪問」みたいになってしまった、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

ブログの模様替え…。

 今日は仕事が非番なので、ブログの模様替えをしてみた。模様替えといっても、背景の絵を変更しただけど…。それでも、「深海」から「手紙」の絵に変更しただけでも、少し趣のある雰囲気になったと思いたい…。結局は自画自賛なのかな?やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »