« 2004年5月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004年8月22日 (日)

穀つぶし&役立たず…。

 今日は土曜日で休みの会社が多いという事もあって、配達は思っていたより楽だった。午前中に少し多い目に郵便物を持ち出して、昼からはのんびりと通常郵便物を配達しようかと思っていた。

 しかし、班長の配達しているエリアで、ゆうメイトのおっちゃんがいつまで経っても配達する郵便物を取りに来ない。結局、郵便物をそのまま放置しておく事も出来ないので、我輩が配達する事にした。

 それにしても、このゆうメイトのおっちゃんに関しては以前から困ったもので、午前中に配達してもらう郵便物を準備していたら「ちょっと忙しいから、あんまり配達でけへん!」とすぐに泣き言は言ってくるし、局内では「待機」と称してブラブラとサボっているにも関わらず、何故か「超勤手当」はちゃっかり付いていたり…、実に胡散臭い事だらけである。

 正直な話、そんなに仕事がしたくなかったら、さっさと局を辞めて楽になって欲しいものである。それに、局側もそんなオッサン共に同情しているのかのように、「生活の為に超勤手当」を与えているんじゃないだろうか?と穿った見方すらしてしまいそうな今日この頃である。

 そんな「寄生虫」のようなゆうメイトが職場に存在するだけで、真面目に一生懸命働いてくれているゆうメイトや職員達の士気を思いっきり下げてしまうと思う。

 今の郵政には「穀つぶし」や「役立たず」に払う程、余っている金は無い筈である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SD…。(「スーパー・デフォルメ」や「スーパー・デブ」の略ではありません…。)

 先日の朝、職場で始業前の準備をしていると、課長が挨拶もそこそこに、我輩に「SD(セールス・ドライバー)をしてみる気は無いか?」と尋ねてきた。

 自分で言うのも何だが、正直な話、「営業向き」の人間じゃないと思っている。前任局では営業推進委員の延長と言われて(騙されて?)、SS(セールス・スタッフ)の真似事のような事をした程度で、実際に知識や話法もそんなに大した事は無いのは自分自身でよく分かっているつもりである。

 それに課長は「午前中は班で業務をして、午後からSDとしての活動…。」と言っていたが、そんなにキチンと業務を分割出来るかどうかは分かりそうな物なのに…、本当に困ったものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月11日 (水)

一人暮らし…。

 最近、無性に「一人暮らし」がしたいと思うようになった…。今は両親と同居という形なのだが、恐らく我輩と彼らとの間で、価値観や生活のリズムに大きなズレを感じるようになったからだと思う。

 父親は狭い家で近所迷惑を考えず、ナイター中継を見ながら酒飲んで、エラーした選手を口汚く罵って、ピッチャーの換え時を見極められなかった監督を野次ったりする事でストレス発散のつもりかどうかは知らないが、そんな下衆なオッサンが実の父親とは…、本当に情けないものである。

 それに母親は母親で、自分中心的な考え方しかなく、ややこしい事や厄介事とかには一切関わりたくないという感じだ。更に仕切りたがりの性格で、他人の考えを認めようともせず、過剰に干渉してくるので実に迷惑極まりない。

 いつになったら、「栄光への脱出」は出来るのだろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 8日 (日)

送別会…

 今日は職場のゆうメイトの送別会があった。聞いた話によれば、うちの郵便局でアルバイトをして13年程という事で、思わず頭が下がる思いだった。

 もし我輩がそのゆうメイトに言うことがあるとするならば、「もう二度と郵便局に戻ってくるな!」という事である。正直、ゆうメイトをした事のある我輩が言うのも何だが、アルバイト職員からすれば、郵便局はお気楽で結構居心地が良く、かなりの「ぬるま湯」職場だと思う。だから、一度退職をして何ヶ月かしてから、いつの間にか郵便局に舞い戻っているゆうメイトをバイト時代に見た事がある。

 結局、今までの「ぬるま湯」環境が厳しい民間企業への適応を妨げていると思われる。だから、極端な話かも知れないが「郵便局の常識は社会の非常識」ぐらいの考えを持って、社会に旅立ってほしいものである。

 体に気をつけて、これからガンバって下さい!たまには「生きてるぞ~!」という連絡でもちょうだい!!

P.S.

 基本的にはあまりこんなキャラじゃないので、自分でも「らしくないな…。」と思った、やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年9月 »