« 2001年1月 | トップページ | 2002年2月 »

2001年2月

2001年2月15日 (木)

バレンタインデー(3)

 バレンタインデー・外伝」では思わず郵政に対する意見になってしまったが、少し気を取り直して書いていきたいと思う…。先日、非番の日にテレビを見ていると、バレンタインで町おこしをしているという、実に世間を舐めきった町があるというのが放送されていた。そこでふと「バレンタインって一体何なの?」という疑問がおきた…。

 ある文献を紐解いてみると、今を遡ること約1800年前、ローマ帝国のクラウディウス2世(在位268~270)という皇帝が軍隊を強化するため、国民に対して今後一切の結婚を禁止する法律を制定した。しかし、この非人道的な法律に反対したある一人のキリスト教の司祭が皇帝に内緒で国民達の結婚式を挙げ続けた。その事が皇帝の耳に入り、司祭は投獄され、そして処刑されてしまった(その当時、キリスト教はローマ帝国から迫害されていたので、国民に対する一種の「見せしめ」と思われる…)。その処刑された司祭の名前を聖バレンティヌス(聖バレンタイン)といい、その殉職した日である2月14日が後のバレンタインデーということである。また、バレンタインデーは古代ローマ時代のルペルカリアの祭(2月15日)を起源にしているとも言われ、後に司祭の殉教した祭日と結びつけられるようになったということである。

 今回、バレンタインデーの由来のエピソードを初めて知ったわけだが、やはりバレンタインデーの根絶を目指したり、批判する立場としては知っておかなくてはいけない事なので、結構、勉強にはなった。それにしても本来、宗教的な祭日であったバレンタインデーも約1800年経過したら、チョコレート会社最大の収入源に成り下がるとは、さすがの聖バレンティヌスも予想は出来なかったのだろう。やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001年2月11日 (日)

バレンタインデー・外伝

 国生さゆりの「バレンタインキッス」があちらこちらで聞かれる今日この頃、いかがお過ごしかな?「バレンタインデー撲滅」を志して幾星霜、くやしい事があった。営業成績達成の為とはいえ、「バレンタインゆうパック」を1個、自分で買う羽目になってしまったのだ…。自分で買うとはいえ物が物だけに、野郎の名前で届くのはちょっと抵抗があったので、理解ある「素敵」な女性から名前と住所を借りて早速申し込みつつ、郵便商品の自爆営業はなるべくしないようにしよう、と心に誓ったのであった…。

 でも、ここでふと考える…。チョコレートを贈る場合、普通デパートやスーパーのチョコレート売り場等で現物を確認し、出来る所であれば試食とかしてから贈るだろう。中には材料を買ってきて「自作」する人もいると思うが、結局、「どんな味だろう、美味しいのかな?」等といった事をきちんと確認した上で贈るだろう。そんな商品選択の基本である「見た目のチェック」や「味見」も出来ない「バレンタインゆうパック」という商品について、ふと考えさせられてしまう。 「バレンタインゆうパック」だけに留まらず,イベントゆうパックの購入に際して「当たりか、はずれか?」というような博打的な要素が絡んでくるというのは、「お客様第一」の立場に立っている郵政事業にとって問題ではないだろうか?正直な話、普段からラジオショッピング等で商品を購入する位の「強者」でない限り、イベントゆうパックを買わないようになってしまったら本当に怖い…。

 「さすがは郵政省!『お客様第一』の立場に立っていない!!」と言われても仕方がないだろう。第一、郵政職員も仕事を離れれば一人の「お客様」なのだから、そんなお客様が「買いたい!」と思わない商品を人に勧めることに良心を痛めている人もいるだろう。もう少し公社化を見据えて、「対民間企業」を意識した商品の企画・開発を期待したいものである。やれやれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年1月 | トップページ | 2002年2月 »