« 1999年5月 | トップページ | 1999年11月 »

1999年8月

1999年8月15日 (日)

交通事故

 やぁ!全国の皆さん、「骨折」なんかしていないかな?HPを更新するために何かネタが無いかな?と探していたら、まさか自分でネタを提供しようとは思わなかった...。本当に「やれやれ...。」の一言に尽きる...。

 あれは1999年8月13日の早朝のことだった...。その日、職場に向かおうと置き時計を見たら「ん!」と思った。そう、時計の電池が切れていて、いつも出かける時間を15分程過ぎていた。「こりゃ、いかん!」と思い、普段は電車通勤なのだが「電車では到底間に合わない!」と判断し、いた仕方なくバイクで職場に向かうことになった。そして7時半頃、大阪市旭区内を通る内環状線という道路で、左折するバスを回避しようと車線を右に変更したところ、後方からの車がバイクの右側を走り抜けた。その際、その車による風に煽られるような形でバランスを崩し、左後部側面に接触そして転倒してしまった...。

 結局、こちらのバイクは見事に大破し、相手の車は左後部側面がへこんでいるのが見受けられた。液晶のイカレかけた携帯電話で職場と警察に連絡し、現場に到着した救急車で最寄りの病院に搬送され、右鎖骨単純骨折及び右腕擦過傷(いわゆる「すり傷」)で全治2ヶ月という診断であった。病院では上がらなくなった右腕を無理矢理上げさせられるといった実に手厚い(?)看護を受け、レントゲン撮影等が進んでいった。

 結局、手術しなくても鎖骨の固定ベルト(TVショッピングで売っている背筋矯正ベルトみたいな物)をしばらく装着していれば骨は繋がると言われ、即座に固定ベルトを装着する方を選んだ。恐らく、その病院の待合室で診察を待っている間、TVで「院内感染!」や「医療ミス!!」といったニュースを見ていたせいだろうか...。

 皆さんも「交通事故」には、気をつけましょう。やれやれ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 1999年5月 | トップページ | 1999年11月 »